AIの用途の違いによる分類としては

AIの急激な進化に戸惑い始めた....-2017年1月

AI機能を持つアプリケーションを作ることができます世の中の動き、激しくねえ????いったいこれからどうなるのだろう。会社もこまっている。自分もこまっている。仕事そのものの現状と未来がよくわからない。そして、会社を出てからも、長い人生がつづいていく。まさに、今は、「過渡期」。そもそも、あなたの目の前の積み重ねが、そろそろ極限にきているかもしれませんねですが、「混乱期」は、世の中の立ち位置が、激しく動く時。過去の歴史を振り返ると、時代の変わり目に、主役の入れ替わりが必ずあります。考え方のひとつですが、仮に、今が明治維新にも匹敵するくらいの世の中の変化の真っ只中だとしたら?サムライは失業しましたが、すべてのサムライが失業のまま過ごしたわけではありません。

AIを活用しようという動きが広がっています

明治政府のもとで働いたり、学校をひらくなど公務につく。商売をはじめる。サムライは、サムライのままではいることはできないけれども、サムライという職業のエッセンスを使って、新しい明治の時代に対応して波に乗っていった人も大勢いることでしょう。AIで消える職業もあれば、残る職業もある。そして、AIによって、新たに生まれる職業が必ずでてくるはずです。モノは考えよう。今までの仕事や、シンドイ仕事は、AIにやってもらいましょう。そして、あなたや私は、これまでの仕事の常識にとらわれずに、人生を通してやりたいことをやればいい。AIもVRも基本的には全産業

AIサービスは次々と新しいものがリリースされていきますので

RPAの事例を見ると一般的なロボットの使い方とは違うそして、物理学の知識をさらに拡充させた知能は、重力や時空を制御できるようになっているのかもしれない。そして宇宙空間の支配が可能になっていくのだろうか。量子通信と重力のコントロールで、知的階層構造が宇宙空間に大きくひろがっていくのだろうか。それでもきっと進化はとまらないだろう。銀河全体が知性化することもあるのだろうか。そしてすでにそのような方向で進化をした「知的惑星体」や「知的銀河体」が宇宙に存在しているのかもしれない。しかし、あらゆる知生体は自かを超越する知生体を想像できない。人類の知性は、それを超える、「惑星知性体」や「銀河知性体」を想像することができない。

AIこそ次世代成長産業の本命最近

コンピュータはあくまでも有限の処理能力しか持たないわけです
それらへの接触は、現在でいえば、人間と昆虫のような関係なのかもしれない。昆虫からは人間の知性を想像することができない。人工知能とは何か?まず、はじめに伝えておきたいのは、人工知能とはあくまで提唱されたコンセプトであって、物理学·化学·生物学、などのように具体的に区分けられた学問体系があるわけではありません。むしろ他の学問の手法を持ってきて出来た応用分野という見方もできます。こういった背景もあり言葉の定義からして専門家の間でもまちまちであるため、序説に触れたとおり恣意的な人工知能の濫用を生んでしまっているのです。そもそも、「人工的な知能」という抽象的な用語は、知能を辞書で調べると、下記の通りですどのように定義出来るのでしょうか^物事を理解したり判断したりする力。
IoTによるリストラであった

人工知能が学んでくれるので

それでは、ビジネス·アーキテクチャとは、これまでどのように考えられてきたのでしょうか。国内で最も有名なエンタープライズ·アーキテクチャである経済産業省EAを基に、見ていきたいと思います。経済産業省EAでは、次の三つのドキュメントが作られていました。ただ、エンタープライズ·アーキテクチャの導入を進めるときにこれらが応するためには、企業の事業目的に大きく関わる勘定科目に至る業務プロセスや、財務報告への影響を勘案して重要性の大きい業務プロセスについて、可視化して、リスクを分析して、それへの対処を実行することになります。ここで重要なことは、この対応過程で、主要な業務プロセスの.覧や、その業務フロー図が既に作られているということです。

IoTモノの自動生成音楽ができあがります

人工知能がもたらす短期的なリスクとして常に起こる話題です
しかも、これらは毎年確実にアップデートされているはずですJ-SOX自体は上場企業を対象としたものですが、上場企業でなくても何かしらの内部統制を実行している企業が多いと考えます。情報システム部門がエンタープライズ·アーキテクチャを考えるときに、ビジネス·アーキテクチャに相当するドキュメントには、内部統制「J-SOX」対応資料を転用できます。そのため、情報システム部門は、他のドキュメント作成に集中できるようになります。「2」モバイルなどのテクノロジーの進化従来は、従業員が情報システムに触れる場所は社内の自席のパソコンからであるというのが、ほとんどの前提でした。しかし、この前提はスマートフォン、タブレットの登場によって崩れつつあります。