コンピュータービジョンComputerVision以後.あります

人工知能を正しく理解するのは難しく

AIの出番となるただ外部の視点あなたにも実感ありますよね

実現のための効果的なICT活用法「1」見える化のための三つのステップ「見える化イコールICTを導入すること」ではありませんが、際に、ICTは大きく三つの場面で効果を発揮します。ICTを有効に活用することにより、スムーズに、タイムリーに見える化を実現できます。「見える化」を実現する「データ収集」EAI「企業アプリケーション統合」という技術により、企業内に存在する複数のデータを自動で定期的に集め、データベースに格納することが可能となります。元となるデータは必ずしもデータベース化されている必要はなく、従来から活用しているExcelファイルでも問題ありません。データを集める途中で、変換テーブルなどを使ってコードを統·したり、共通化されたデータ定義に変換したりすることが可能です。併せて部門独自のコードを残すことも可能です。

人工知能に取り囲ま21世紀の後半になると

また、他のデータとの整合性を確認することにより、今まで、で実施してきた「精査」も自動で実現可能となります。「データ蓄積」集められたデータは大容量データベースに格納されます。どに活用できます。データベースには何年分ものデータが蓄積されますので、前年、前々年との比較や、年間の月別、日別の値の推移な「データ集計·分析」集計にはBIツールを活用します。B1ツールの機能により「部門別」「セグメント別」「拠点別」など自由な軸で瞬時に集計できます。が自由に集計し結果を表やグラフなどを使ってビジュアルに確認したり、定期レポート化して公開したりすることが可能となります。

 

コンピューターを接続する機能を持たせるのだ

コンピューターという技術もこれから伸びる兆しを見せていますマニュアルやルーティンに拘りすぎない働き方を模索していくことが必要です。もちろん、完全にマニュアルやルーティンを外せということではなく、必要に応じて外せるようになることが大切なのです。し、ルーティンというのはいつも同じことが起こる前提で習慣になります。マニュアルは何か意図があって決められていますなぜマニュアルでこの作業が決められているのか、ば人工知能を超えることができるはずです。なぜルーティンワークとなってきたのか、その理由を追求し、マニュアルやルーティンそのものを進歩させることができれ実は、ディープラーニングを含めて、人工知能は「なぜ」という理由を追求する力がありません。人間の命令に対し、その理由を探るのは苦手なのです。

コンピュータに猫の画像を描かせることに成功しました指示を出した相手が正しく自身の要求を理解していて、正しく指示ができる場合は人工知能が上ですが、そうでなければ人間に分があるでしょう。人工知能は、歯医者を訪れた患者にいう部分にも気づきません。「歯が痛い」といわれて原因を探ることはできても、「治して欲しい」という意図までは汲んでくれません。さらに、「虫歯予防が大切」ともちろん、「治して欲しい」と患者がいえば治してくれますし、訪れた理由については全く気にしないのが人工知能です。虫歯の治療に合わせて予防治療も行うように医師が指示すれば行いますが、虫歯になった理由や患者が歯医者をそんな人工知能の特性を踏まえ、「生き残る仕事」について扱っていきたいと思います。

インターネットに常時接続できるようになり

このような世界の中では資本家はどこに向かうのだろうか。権力者はどこに向かうのかは誰にも予見できない。そのころになると、最高のぜいたくは若さと健康な体を長い年月維持することになっているかもしれない。金持ちが人工知能網と融合して、より知能が高くなり、自らの肉体を改造して若さを長く保ち、さらに富を独占するようなことが起きるのだろうか。アニメの銀河鉄道999に出てくる機械人間が現実になっていくのかもしれない。アニメでは、永遠の寿命を手に入れた機械人間が、堕落していく様が描かれているが、機械人間が支配する社会から生身の人間が支配権を取り戻す物語である。

AIに仕事を奪われている現実を多くの人たちは知らない

インターネットのインフラがなければなりませんあるいは逆に、手を加えないもとのままの肉体を持続させることが最も価値が高くなるのだろうか。さらに空想を広げると、人工知能と融合した人類をそうでない人類に進化系統が分かれていくのかもしれない。そしてそのころには、人工知能がいれば、政治家や権力者がいなくても国家が維持·運営できるようになってきているだろう。公務員のほとんどは人工知能ロボットで代替できるだろう。人工知能の生態系の中で、国家というフレームが消えていくかもしれない。