AI民間企業だけではない

人工知能の姿はそれが定常的に循環する形であるということは

日本の企業、メーカーがこの20年間陥ってきたドグマ、つまり世の中の流れを見て「やはりそうだ」と後から乗っかる「後追いマーケティング」と、各企業同時多発の「タコツボ化」。そこに大きな問題があります。東京工業大学で生まれた「量子コンピュータ理論」「QuantumAnneAIing」による次世代スパコンの芽は、カナダの会社とグーグルによって実用化されてしまっており、ロボティクス「ロボット工学」についても、東京大学スピンアウトのベンチャーがグーグルに買収されてしまいました。ただ、トヨタがそのシャフトの入ったBostonDynamics社の買収に乗り出しており、による社会の自動化に向けて、遅まきながらスタートを切ったと言えます。再び国産技術日本に欠けている「社会デザインという視点oTとAIの技術開発においては、実は、「俯瞰図的「鳥瞰図的」この社会デザインとも言える社会全体を見据えたな発想が不可欠となります。私が日本の企業において危惧している点は、視点が、日本はかなり弱いということです。

  • 人工知能にも起きているのです
  • 人工知能からの脅威を払しょくすることができそうです
  • AIで推し進めていることがあります

人工知能が悪意のあるテロリストに渡ったとすると特に、日本はある程度高い技術があるため、その個々の技術に依拠した技術開発が進められがちです。これは現在も、多くの企業が陥っている一つのドグマです。無論、それが商品開発としては最も現実的であり、利潤追求の私企業としては当然かもしれません。しかしながら、ことIoTとAIの技術開発においては、常に、非常に広い視野を持って高い理想を描かなければ、個々の「タコツボ」技術に終始しかねないリスクを含んでいるのです。その最たる例が、日本のロボット開発です。どの企業も早期の実用化と商品化を目標としているのですが、おそらくは資金のスケールにもよるせいか、「分かりやすく」「話題性がある」というところのみに主眼が向いているように思えます。

 

テクノロジー自体は必然的に避けられないが

失業者や低所得者にも政府「or事業者」から人工知能ロボットが支給される「あるいは補助金、ローンで購入させられる」かもしれない。いずれにせよ、その人工知能ロボットは労働することで、自分のメンテナンス費と主人の生活費をかせぎ、主人の消費を支えなければ、あるいは、お金を自律的に使う人工知能ロボットが街にあふれないと経済の循環が継続できなくなると考えられる。経済の循環が継続できない状態となる。かつてのローマ帝国では、市民は最低限の小麦「パン」と遊び「サーカス」が提供されていたというが、これも周辺支配地の奴隷の労働が生み出す富に支えられていたと思われる。人工知能ロボットが労働を代わりにやってくれれば、現代社会においても、かつてのローマ人の「パンとサーカス」という世界は実現するのだろうか。今後は、人工知能ロボットが奴隷のように働いて、人間に「パンとサーカを供給してくれて、人間は遊んで暮らしていけるという理想社会がくるのだろうか。
AIという単語が使われます
人工知能の発達によって失われてしまう仕事についてお話していきます
しかし、のような恩恵に与かれるのは、人工知能ロボットを保有している階層だけである。ローマも全ての人間が遊んで暮らせたわけではない。ローマ「市民」という特権階級だけである。人工知能社会でも、ロボットを保有できる階層はますます豊かになるとう構図になるのだろうか。それでは、貧困層に置かれた人々はどのように暮らすのだろうか。ロボット奴隷と競争しながら、人間にもできる仕事をみつけていかないといけないのだろうか。

 

人工知能の精度を急速に向Eさせていくはずです

ここで生物学的な見地での生命活動について説明しておきます。生命の定義は未だに確立されてはいませんが、有名なダーウィンの進化論は健在です。突然変異で環境適応出来た種のみが、生命体として地球上で長く生きながらえているという自然淘汰プロセスのことです。種を子孫につなげるとは突き詰めるとDNAの継承に還元されます。その手法として興味深いのが、単に「自己複製」するだけではなく、「多様性」という相反する機能も持ち合わせていることです。

AI翻訳にそんな芸当ができようか

例えば、単に自分と全く同じ機能を備えた子孫を増やしても、天敵、天災が現れたら種としては致命的です。従って、そのような環境でも生き延びられるよう、自分と若干異なるものも備えとして作っておこうとするプロセスです。つまり、秩序だった機能とその反対の「変異発生を促すカオス的機能の両方を備えていることこそが、生命活動の1つの鍵ともいえるわけですさて、そのラングトンが行なった人工生命に関する実験ですが、興味深いのが「カオスの縁」と呼ばれるものです。格子「セル」状に配列した機械「通称セル·オートマトンに対して、秩序からカオスの状態に移行するように変数をいじりながら挙動を観察してみました。すると、秩序状態とカオス状態の狭間の極めて限られた値の範囲内で、進化速度が最大となる、つまり「環境変化への適応性という意味で」生命を維持する丁度いい平衡状態となることを発見しました。